2007年07月01日

百貨店での接客経験

百貨店というところは、特に高いレベルでの接客が求められる。

我輩も学生時代、2つの百貨店でアルバイトをしたことがあるが、どちらの百貨店も、1日だけの短期のバイトからでも、百貨店が主催する研修を受けさせられた。それくらいきちっとした態度で接客してもらいたいということなのだろう。

我輩がアルバイトした2つの百貨店のうちの1つである西○百貨店○袋店も、この百貨店の本丸とあってか接客には厳しかった。これは十数年前の話しになるが、売り場から社食に行く渡り廊下にはお客さんからのクレーム内容、それに対する百貨店からの従業員への指導、そして売り場マネージャーの名前が結構大きく掲載されていた。

また、各マネージャーの捺印欄があり、マネージャーは必ず目を通さねばならない(というか、嫌でも見てしまうのだが)。見ると確かに、「欲しい商品が売り場になかったので、ないか尋ねたところ、探しもせずに“そこになければありません”と言われた」とか、「接客してもらったけど、買わないとなったとたんに態度を変えられた」という基本がなっていないものもあったが、いずれにしてもマネージャーたちは神経をすり減らす日々だったろう。

しかし、この百貨店は「案内」には力を入れていたから、そこは徹底していたように思う。さすが、「私が案内係です」というちびまるこちゃんの絵の書かれたバッチを店員に配布し、付けさせていただけのことはある。

お客さんから聞かれた場所が分かりづらいところにある場合は、必ずメイン通路まで案内し、丁寧に案内する接客が浸透していた。「そんなこと当然だ!」と言われればそれまでだが、老若男女、最上階から地下にいる店員までそれを浸透させるってのは、なかなか難しいと思う。

ところで、百貨店というのは社内隠語の宝庫。こちらの百貨店ではトイレを「すけんや」、食事を「のじ」、午後休憩を「にのじ」と言っていた。例えば、お客さんのいる前で「トイレ行ってきます」という場合は、「すけんや行ってきます」と言っていた。なんでそう言うのは結局分からずじまいだが…。
posted by 接客マナー at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 接客
この記事へのコメント

オレのうぶな息子が売れたぞ!
自信と引き換えに働く気力はなくしたけどな(笑)
http://aiyorikane.net/pre/fm7ot8n/
Posted by なみ平 at 2010年11月07日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4619898

この記事へのトラックバック